サイト運営

【これだけでOK】Google Search Consoleでやっておくべき初期設定と使い方

サーチコンソールの初期設定方法、使い方

はじめに

 本ブログのGoogle Search Consoleへのサイト登録を実施しましたが、Google Search Console自体いろいろな機能がありすぎて初期設定としては何をしたら良いのか疑問があったのでまとめました。

 本記事は、”Google Search Consoleにサイト登録をしたは良いけど、初期設定として何をしておくべきかわからない!”という方向けの記事になっています。

 なお、Google Search Consoleへのサイト登録方法は以前こちらの記事にて説明していますので、Google Search Consoleへのサイト所有権確認が完了されていない方はまずこちらの記事からご覧ください。

Google Search Consoleに登録できない方必見- サイト所有権の簡単な登録方法

Google Search Consoleで絶対やるべき2つの設定とは

 Google Search Consoleへのサイト登録が完了したら絶対やるべき設定は、以下の2つです。

絶対やるべき2つの設定

① XMLサイトマップのGoogle Search Consoleへの登録

② 自サイトがGoogleへ登録されているかの確認

 絶対やるべきといいつつも、これらの設定はマストではありません。ただ、設定するメリットしかないので紹介します。

なお、XMLサイトマップについては後ほど説明しますのでご安心ください。笑

そもそも上記2つの設定をする理由としては、

① XMLサイトマップのGoogle Search Consoleへの登録

 ・GoogleにあなたのWebページを早く認識してもらうために必要

 Googleはクローラというロボットを世界中のウェブページに巡回させて情報を収集しています。(クローリングと呼びます。)

 クローラが集めた各ウェブページの情報はデータベースに保存(インデックス)されます。(データベースをインデクサーと言います。)

 ユーザがGoogleに検索キーワードを入力するとインデクサ内の情報と検索ワードを照らし合わせて関連性・重要度の高さから各ウェブページの表示順位を結果してユーザに検索結果を表示します。(この機能を受け持つシステムをサーチャーと呼びます。)

 この設定によりGoogle Search ConsoleにXMLサイトマップを登録することで、あなたのサイトはクローラに発見されやすくなり、検索結果としてあなたのサイトが表示される可能性が高くなります。

② 自サイトがGoogleへ登録されているかの確認

  Google検索の結果にあなたのサイトを表示してもらうためには、あなたのサイト情報をGoogleのデータベースに登録して貰う必要があります。これをインデックスと呼びますが、このインデックスを作成する際に様々な要因でエラーが生じ、インデックスされない可能性があります。(つまりGoogle検索結果に表示されないということです。)

 エラーの原因がサイトの構造などにある場合、せっかく作ったサイトに大掛かりな変更を加える必要などが生じる可能性があります。そのためこれらの設定はサイト設立初期に実施と対策を進めておくことをおすすめします。(実際、設立間もない私のサイトですらかなり手こずりました。。)

以上のことから、上記2点は最低限Google Search Consoleで設定・確認すべき項目だと考えています。

XMLサイトマップの作成と登録方法

 まずはXMLサイトマップの作成と登録方法について説明します。

 本記事では主にWordPressプラグインのJetpackを使用したサイトマップ登録方法について説明します。Jetpackを使用しないサイトマップ作成方法は様々な方法がありますので本記事ではサイトマップを作成できるツールを紹介いたします。

XMLサイトマップとは?

 XMLサイトマップはあなたのページ構成をGoogleなどの検索エンジンに伝えるファイルです。あなたのサイトの全体像を示す地図のようなものだと考えていただければ構いません。サイトマップはXML拡張子で作成されることが推奨されているため、XMLサイトマップと呼ばれています。

 サイトマップに格納される主な情報としては、

・各ページのURL

・更新日時

・更新頻度予想

などがあります。

サイトマップの使われ方のイメージとしては下図のようになります。

 まずGoogleのクローラがあなたのページを訪れた場合、サイトマップを基に前回訪問時に対して最新または、更新された情報があるかを照合してくれます。照合の結果、更新情報があればそのページをクロールし、情報を更新してくれるというイメージです。

 もしサイトマップをGoogleに提示していない場合、クローラが自力で最新情報を探す必要があるため、サイト内で更新した情報をGoogleに認知してもらうのに時間がかかってしまいます。そのため、サイトマップの送信はあなたのサイトを検索エンジンに早く認知してもらうのには極めて有効な方法となります。

 なお、説明に使用したクローラなどの話については下記記事で詳しく説明しています。Googleを始めとする検索エンジンがどのようにあなたのサイトを認知しているのか、検索結果はどう決定されているのか、仕組みを知ることは重要だと思いますのでぜひ読んでみてください。

参考記事:更新します。

サイトマップの登録方法(Jetpackを使う場合)

サイトマップの生成

 次にWordPressプラグインのJetpackを使用したサイトマップの登録方法について説明します。

 まず、WordPressダッシュボード画面からJetpackの設定画面へ移動します。

 設定画面へ移動後、”トラフィック”タブをクリックすると、ページの下部に”サイトマップ”の項目がでてくるのでその中の”XMLサイトマップを生成”を有効にしてください。有効にするとボタンが青になります。

設定画面の”トラフィック”タブをクリックすると、

トラフィック設定ページの下部にサイトマップの設定欄があるので、XMLサイトマップを生成”をクリックします。

生成を有効にすると、”あなたのサイトのURL/sitemap.xml” というリンクが表示されます。

これがサイトマップにアクセスするリンクとなり、このリンクをGoogleへ教えることを、サイトマップの送信といっています。

ちなみに有効にしてから5分程度でサイトマップの生成は完了となるので少し時間が経ってからGoogle Search Consoleへ登録をしましょう。

Google Search Consoleへのサイトマップ登録

 続いてサイトマップの登録方法について説明します。

 まずは、サーチコンソールへアクセスしましょう。

Google Search Console

 サーチコンソールへアクセスすると左側にメニューが表示されます。(もし表示されていない場合はページ左上の”三”のようなマークをクリックすればメニューが出てきます。)メニューの一番上に表示されているURLがあなたがサイトマップを送信したいサイトのURLになっていることを確認したら、”サイトマップ”をクリックしてください。

 サイトマップのページへ移動すると下図のように、”新しいサイトマップの追加”という欄が出てくるのでそこの入力欄にsitemap.xmlと入力し、送信を押しててください。

 サイトマップの送信が成功すると、”送信されたサイトマップ”の欄に送信したサイトマップ(今回は/sample.xml)が表示され、ステータスが’’成功’と表示されます。

以上でJetpackを使用したサイトマップの登録は完了です。

サイトマップの登録方法(Jetpackを使わない場合)

サイトマップの登録方法は

自分で作成する

ツールを使って作成する

Jetpack以外のWordPressプラグインで作成する

など様々な方法があります。上の2つは難易度がやや高いので私も正確に説明できません。

 本記事では他のサイトでも多く紹介されているWordPressのプラグインGoogle XML Sitemapsの使用方法を詳しく書いて頂いているサイトがありましたのでご紹介します。(かなり詳細に紹介頂いているので太刀打ちできないと思い、本記事での説明は割愛させていただきます。笑)

Google XML Sitemapsの設定方法

Googleにサイトが認識されているかを確認する

 サイトマップの送信が完了したら、実際にGoogleにあなたのサイトが認識されているかを確認してみましょう。

URL検査機能を使用すれば、Googleにあなたのサイトが登録されているかを確認できる

 サーチコンソールには”URL検査”という機能があり、あなたのサイトURLがGoogleに登録されているかを簡単に確認することができます。

 まずサーチコンソールのメニューから”URL検査”をクリックするとページ上部のURL入力バーがハイライトされるので、Googleに登録されているか確認したいサイトのURLを入力してEnterキーを押してください。

すると、URL検査が実施され大体の場合は下図のようにどちらかのページに移動します。

・サイトが既にGoogleに登録されている場合→この場合はこれ以上やることはありません。次のセクションに進んでください。

・サイトがGoogleに未登録の場合

 サイトがGoogleに未登録だった場合、まだGoogleのクローラがあなたのサイトを訪れていない可能性が高いです。この場合”インデックス登録をリクエスト”をクリックすると下のようなポップアップが表示され、リクエストが完了します。

 だいたいリクエスト完了後30分程度でGoogleのクローラがあなたのサイトを巡回しに来てくれます。そして登録が完了すると前述の”サイトが既にGoogleに登録されている場合”の画面に更新されます。

 ちなみにこれはGoogle側へ「うちのサイト見に来て!」というリクエストが送られています。そのため、すぐに見てほしい記事などを作成した場合などにリクエストをすることで普通よりも早くGoogleに認知され、検索結果に反映されることになります。あくまで認知が早まるだけで検索結果の上位に来るわけではありません。また、頻繁にリクエストを送ることはGoogleからも推奨されていないので控えましょう。

 また、サイトがエラーなどで登録ができない場合がありますがこれは様々な理由があるためここでの説明は割愛します。URL検査ツールのエラーや、Googleへサイトが登録されない理由についてはGoogleの公式ページで詳しく説明されているのでそこから原因を深堀りしてみてください。

 もしサイトの作り方などにエラーの原因があるとせっかく作ったサイトに大掛かりな変更を加える必要などが生じる可能性もあります。(作り込んだサイトが検索結果に表示されないと知ったときの絶望感は想像に難くないですね。。)

 そのためこれらの設定はサイト設立初期に実施と対策を進めておくことをおすすめします。

URL 検査ツール – Search Console ヘルプ

実際に自分のサイトがGoogle検索結果に表示されるか確認する

 最後に実際にあなたのサイトがGoogle検索結果に表示されるのかを確認してみましょう。

Google検索に 「site: あなたのサイトURL」(「」は不要です。)と入力して検索してみてください。

 検索を実行すると、検索結果にあなたのサイトが表示されます。(初めて表示されたときはちょっとだけ感動します。(笑)

まとめ

 以上がGoogle Search Consoleに登録したらやっておくべき設定です。サーチコンソールはその他にも多くの機能があるので、別の機会で紹介していきたいと思います。

 そして、ここからはSEO対策などで通常のキーワード検索結果に私達のページを表示させることを目標に注力していくことになります。頑張っていきましょう!